出典:https://blog.goo.ne.jp/kankan1012/e/bb17e8c374274917fab9219708e50eac

ブランド

ヨウジ ヤマモトとは?

更新日:

この記事は「yohji yamamoto(ヨウジヤマモト)とは?」から「デザイナーである山本耀司ってどんな人なの?」について解説していきます。
 
日本を代表するデザイナーである山本耀司さんが手掛けるヨウジヤマモト。現在ラインが多すぎてよくわからない人に、ヨウジ入門編としてわかりやすく解説していきます。
 
もう一つの日本三大ブランドの1つであるコムデギャルソンの記事も人気なので是非、気になった方はご覧になってください。

コムデギャルソンとは?


 


 

 

ヨウジヤマモトとは?主要ラインについて

「yohji yamamoto ロゴ」の画像検索結果

出典:http://www.dug-corporation.co.jp/geek/brand/Yohji%20Yamamoto.html

真っ黒でゆったりとしたシルエットが特徴のヨウジヤマモトのアイテム。
 

今回は人気のラインであるYohji Yamamoto POUR HOMME、若年層向けのGround Y、アディダスとのコラボラインであるY-3、そして現在人気沸騰中のヨウジヤマモト×New Eraの4つのラインにしぼり解説していきます。
 

yohji yamamoto POUR HOMME【ヨウジヤマモト プールオム】

株式会社ワイズの主要ラインであるYohji Yamamoto POUR HOMME。
 

主にメンズ向けのアイテムを展開しており、黒を基調としたゆったりとしたデザインの服を展開しています。

「Yohji Yamamoto POUR HOMME パンツ」の画像検索結果
 

人気アイテムは定番でリリースされているサルエルパンツ(通称 袴パンツ)や最近人気急上昇中のスタッフシャツです。
 

街を歩いていてもスタッフシャツと袴パンツを着用している人を頻繁に見かけます。
 

最近ではヨウジの認知度を上げるためにロゴを使ったアイテムも多数リリースしているため、若い世代での人気も高まり、中古相場も異常な高騰を見せています。

 

ヨウジのアイテム全般に言えることですが、動いているときのドレープ感の美しさは他のブランドと比べダントツにです。
 

オーバーサイズでアイテムすべて作られているため、動くたびに生地が揺れ計算されたのドレープ感の美しさを堪能できます。

 

近年流行しているビッグシルエットはもともとヨウジやコムデギャルソンが作り出したものです。
 

Diorが作り出したIライン全盛期に発表されたヨウジやコムデギャルソンのコレクションが与えた衝撃はいまだに世界中で語り継がれる伝説となりました。

 

ヨウジのコレクションの中にはいくつか名作と呼ばれる時期があり、中には復刻販売されるほど人気のアイテムもあります。
 

特に96SSの「花と少年」はヨウジ屈指の名作期と言われ今でも中古相場で高値で取引されています。

「花と少年 ヨウジ」の画像検索結果

出典:https://www.playful-dc.com/products/details60068.html

その他にも95awの鹿鳴館や14awのスカルローズはヨウジファンの間で名作として語られています。
 

個人的に一番の名作は花と少年期だと勝手に思っています。
 

ボタンの花と黒のカラーコントラストが美しく、どのアイテムもシルエットがきれいで来た時に着用者の魅力を最大限に引き出してくれます。

 

yohji yamamoto POUR HOMMEのアイテムは総じてすべて高いです。
 

アウターによっては20万円を超えることもあります。初めて購入する人は古着屋などで少し安く買うことがおすすめです。
 

東京では原宿にあるサントニブンノイチの系列店であるニブンノイチなどがヨウジの服を多数取り扱っています。

 

山本耀司もインタビューの中で、ヨウジの服はヨウジの服を着たいと思い着たら似合うと語っています。
 

値段や周りからの評判を気にせず着たいと思ってヨウジを着てる人は本当にかっこいいです。
 


 

Ground Y【グラウンド ワイ】

「Ground Y」の画像検索結果

出典:http://yohjiyamamoto.co.jp/groundy/wordpress/wp-content/themes/groundy/img/groundy.png

2014年設立の若年層向けのラインであるGround Y。
 

価格帯は2万円代が中心で、ヨウジの入門としておすすめのラインです。
 

もともとはヨウジ初のブランド型セレクトショップとして始まり、現在は他のラインのアイテムだけでなくGround Yオリジナルアイテムも取り扱っています。

 

サルエルパンツなどの人気パンツなども安く購入することが出来るため若者の中では人気のこのライン。
 

ヨウジの知名度を上げるためにロゴを使ったアイテムを多数展開しています。
 

ヨウジ好きが増えると考えるとこの販売戦略はとても優れていると思います。

 

展開されるアイテムは基本的にyohji yamamoto POUR HOMMEと同じでビッグシルエットを基調としています。
 

yohji yamamoto POUR HOMMEと比べると黒以外の色を使ったアイテムも多いため、アイテムによってはそこまでヨウジ感が強くないのも面白いところです。

 

ヨウジ買いたいけど高いと思っている人におすすめのラインです。Ground Yを実際に着用しその良さに触れて次はyohji yamamoto POUR HOMMEのアイテムを購入してみてください。

 

Ground Y 公式通販URL http://theshopyohjiyamamoto.jp/JP/shop/r/r10

Y-3【ワイスリー】

「Y-3 ロゴ」の画像検索結果

http://store.y-3.com/jp

2002年設立のアディダスとのコラボラインであるY-3。
 

それまで普通のスポーツブランドだったアディダスをおしゃれスポーツブランドに引き上げたのはY-3の影響が少なからずあります。

「QASA HIGH 」の画像検索結果

出典:https://www.buyma.com/item/31893815/

モードとスポーツを融合させたY-3、新たなファッションの境地を開いたラインとして高い注目を集めています。
 

特にスニーカーが人気でKOHNAやQASA HIGHを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
 

異素材をミックスして独自のデザインで作られるY-3のスニーカーはヨウジヤマモトの服と相性は抜群です。

 

Y-3は価格帯も高めですが、デザインだけでなくアディダスの最新のテクノロジー搭載のハイテクスニーカーなので、履き心地も抜群です。
 

ヨウジの服に合わせる靴を探していた方におすすめのブランドです。
 

Y-3はyohji yamamoto POUR HOMMEと比べてスポーティーで爽やかなアイテムばかりなので、これからの季節にぴったりなブランドです。
 


 

yohji yamamoto×New Era【ヨウジヤマモト×ニューエラ】

2013年に両者のコラボが披露されて以来、それから毎年リリースされているヨウジヤマモトとニューエラのコラボレーション。
 

毎年キャップだけでなくバックパックやアウターなど幅広いアイテム展開となっています。

出典:https://www.fashion-press.net/news/38979

2018SSではここ最近のヨウジのコレクション中でも高い人気を誇るスカルローズをデザインしたキャップやコーチジャケットを発売して話題を呼びました。

「ヨウジ ニューエラ」の画像検索結果

出典:http://www.boo-bee.jp/products/detail.php?product_id=237823

2016awのコーチジャケットは、中古相場でいまだに10万円以上の高値で取引されるほど人気のアイテムです。
 

ヨウジ好きの中にはニューエラのロゴをとって着用する人も多いので、状態が良いコーチジャケットを発見することさえ難しくなっています。

出典:https://www.fashion-press.net/news/40631

ストリート×モードという新たな境地を開いたヨウジニューエラ。
 

最近では乃木坂46・3期生の与田祐希、大園桃子、梅澤美波、佐藤楓の4人がデザインを務めた、ヨウジヤマモト×ニューエラ×乃木坂46トリプルコラボレーションのキャップを発表するなど、昔では考えられないようなコラボを行っている。

 

株式会社ワイズは一度海外投資の不況とリーマンショックが重なり破産申請しているため、破産以降商業政策の面をより強くしています。
 

ロゴが入ったアイテムが最近多くリリースされるのも、ヨウジの一般認知度を高めるためだと考えられます。

 

気になるトリプルコラボレーションキャップ「9THIRTY」は、乃木坂46・西野七瀬が表紙を飾る、2018年6月21日(木)発売のアイドルカルチャーマガジン『OVERTURE No.15』限定の非売品読者プレゼントとして提供されます。
 

抽選で読者100名のみにプレゼントされる、希少な限定モデルですので、乃木坂に興味のない人も是非、購入してみてはいかがでしょうか。
 

yohji yamamotoのデザイナーである山本耀司ってどんな人なの?

「yohji yamamoto」の画像検索結果

出典:http://uk.fashionnetwork.com/news/Yohji-Yamamoto-wins-DFA-Lifetime-Achievement-Award,900089.html#.WyfCi0kh1dg

COMME des GARÇONS(コムデギャルソン)の川久保玲、ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)の三宅一生と並び日本を代表するデザイナーである山本耀司さん。
 

1943年10月3日生まれで、現在74歳という年齢ながらいまだに第一線で活躍しています。

 

慶應義塾大学法学部卒業後、本格的に洋服について学ぶために文化服装学院に入学した少し変わった経歴を持つ人物です。
 

文化服装学院卒業後、1977年に株式会社ワイズを設立しました。

 

ブランド設立後すぐに日本でだいだい流行を起こし、ブランド設立後過ぎに東京コレクションでデビューを果たすなど順調にブランドを成長させていきました。
 

そして1981年山本耀司は川久保玲と共にパリコレでデビューを果たしました。当時のパリコレであまり見られなかった黒を基調とした二人のコレクションは世界中から話題を呼び「黒の衝撃」と呼ばれる一大旋風を引き起こしました。

 

山本耀司氏はこれまでに優れた芸術家に贈られる紫綬褒章や日本国経済産業省より日本ブランド創造貢献企業表彰などを受賞しています。

 

そして2011年に耀司氏を高く評価するフランスから最高級の栄誉であるコマンドゥールを叙勲されました。

 

JPEG - 59.8 kb

山本耀司氏とフレデリック・ミッテラン文化・通信大臣

山本耀司に影響を受けたと語るデザイナーもたくさんいて、元メゾンマルジェラのマルタン・マルジェラや現デザイナーであるジョン・ガリアーノもヨウジのアイテムに強い影響を受けたと語っています。

日本を代表するブランドyohji yamamotoを着こなそう!

ここまで記事を見ていただきありがとうございます。少しでも皆様がヨウジに興味をもっていただければ幸いです。

 

最近原宿を歩いていてもヨウジをよく見かけますし、大学にもヨウジを着ている人がいます。

 

異様な雰囲気を持つヨウジのアイテムがここまで若者の間で人気になるのは、株式会社ワイズの企業努力のたまものだなと思います。

 

自分もいつかはヨウジを着たいと思った時にヨウジを購入したいなと考えています。

 

とりあえずY-3のスニーカーかヨウジニューエラのキャップから入りたいがです。是非、今回の記事を見てすこしでもヨウジに興味を持った方は購入してみましょう!

 

以上、ありがとうございました。

-ブランド
-, ,

Copyright© トゥースファッション , 2021 All Rights Reserved.