出典:http://www.ponmeganeweb.com/product/5928

ブランド メガネ

シュロンのメガネ購入レビュー

更新日:

この記事は、メガネブランドSHURON(シュロン)について「メガネブランドSHURON(シュロン)とは?」から「メガネ(ロンサー)の購入レビュー」まで詳しく解説していきます。
 
メガネブランドと言われたら皆さんどこのブランドを思いつきますか?有名どころだとzoffだとか眼鏡市場とかその辺りの量販店ですよね。
 

メガネブランドSHURON(シュロン)は、いわゆる量販店ではなかなか取り扱っていないメガネになります。
 

この記事を最後まで読んでいただければ、メガネブランドSHURON(シュロン)の理解が深まるはずです。

 
東京の取扱店も記載したので、ぜひ参考にしてください。

 


 

 

メガネブランドSHURON(シュロン)とは?

出典:http://damagedoneofficial.blogspot.jp/2015/02/shuron.html

 

1865年にアメリカで創業したSHURONは今やボシュロム(レイバン)、アメリカンオプティカルと並び世界で最も有名なメガネブランドです。
 

アメリカの3大メガネブランドの1つでもあります。
 

SHURONのメガネは下記3種類のフレームに分かれています。

3種類のメガネフレーム

  • ソフトなウェリントンフレームのSIDEWINDER
  • 巷で流行中のいわゆる丸眼鏡RONSTRONG
  • 黒人奴隷解放指導者であるマルコムXが着用していたことでも有名なRONSIR

 

主典:http://sugarhill11.blogspot.jp/2013/11/shuron-usa.html


 

こちらがマルコムXの着用した画像です。
 

できる男にはやっぱりクラシックで普遍的なデザインのメガネが良く合います。
 

その他にも、映画でケビン・コスナーやマット・デイモン、トムハンクスが使っていたことでも有名です。
 

また、シュロンの良さは、フレームが1種類だけでなく、1つのモデルで細かくテンプルの長さが違うものやレンズの横幅が違うものがあることです。
 

SHURON(シュロン)のメガネは量販店と何が違うか?

昔は、量販店でメガネを購入していましたが、どうもデザインは好みなのにかけてみるとなんか違うということがしばしばありました。
 

しかし気に入ったデザインのものはこれしかないので、しぶしぶ掛けていましたがその内かけなくなり、いつのまにか失くすことも良くありました。
 

この原因ってきっとメガネのサイズが自分の顔のサイズに合っていなかったんですよね。
 

その点シュロンなら顔の大きさ形に合わせてレンズの幅やフレームの長さを変えることができるので、万人におすすめできるブランドです。
 

こんなにいい方法なのになぜ量販店はマネしないか不思議ですよね。
 

実は同じモデルで大きさに合わせて数種類生産するのはとてもお金がかかり、利益第一の量販店ではなかなかまねできません。
 

しかし、この細かい配慮がシュロンを150年以上続く人気ブランドにしている理由だと思います。
 

メガネ(ロンサー)の購入レビュー

ちなみに、私はこのマルコムXのかっこよさに惚れてロンサーを購入しました。
 
それが、これです!
 

 

こちらシュロンのロンサーですね。
 

色はシンプルなブラックにしてみました。
 

かれこれ2年ほど使っていますが、どこも故障がなく、コンタクトをつけない日や雰囲気を変えたい日などはよくかけています。
 

お値段は税込19,440円となかなかのお値段でフレームの代金込めると37,000円ほどしました。
 

しかしこれから何10年と使っていくことを考えると決して高い買い物ではなく、それどこのメガネと友達に聞かれるとついつい嬉しくなってしまいます。
 

東京の取扱店

KLEIN EYEWEAR

ロンサーのメガネは渋谷のKLEIN EYEWEARさんで購入しました。
 

センター街のサイゼリア付近にあるので気になった方は行ってみてください。

 

参考URL

 

所在地: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町35−4 オーク・ヴィレッジ 1F
営業時間: 12:00~20:00
 

DAMAGEDONE 2ND

他にも、渋谷神南にあるセレクトショップDAMAGEDONE 2NDさんでも取り扱いがあります。
 

参考URL

 

所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目27−22
営業時間: 12:00~20:30
 

blinc vase

渋谷ばっかりになっちゃいますが表参道にあるblinc vaseでも取り扱いあります。
 

参考URL

 

所在地: 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−16 1F
営業時間: 12:00~20:00
 


 

まとめ

3種類のメガネフレーム

  • ソフトなウェリントンフレームのSIDEWINDER
  • 巷で流行中のいわゆる丸眼鏡RONSTRONG
  • 黒人奴隷解放指導者であるマルコムXが着用していたことでも有名なRONSIR

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。
 
この記事では、「メガネブランドSHURON(シュロン)とは?」から「メガネ(ロンサー)の購入レビュー」について紹介しました。
 
少しでも皆様の参考になれば幸いです。
 
夏には服装がシンプルになるので、できるだけメガネ、時計、バングルなど小物でアクセントを入れたいですよね。
 
シュロンのメガネ選びに悩んでいた方はぜひ、参考にしてみてください。
 
明日からシュロンのメガネをファッションに取り入れて楽しみましょう!
 
また、ブレスレットについて、こちらで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。
 

男のブレスレットがダサい理由3選


 

-ブランド, メガネ

Copyright© トゥースファッション , 2021 All Rights Reserved.