ブラウン 初心者コーデ 季節別コーデ

茶色のメンズコーデ5選

更新日:

この記事は、茶色のメンズコーデについて「茶色のメンズコーデをおしゃれにするポイント3点」から詳しく解説していきます。
 
茶色がメインの色だと、少しぼやけたファッションになってしまうので、白や黒のアイテムを合わせるとコーデの色にメリハリを出てて、いい感じになります。
 
また、茶色の服は、大人っぽく落ち着いた印象が出しやすいのでおすすめです。
 
ファッション初心者が簡単に中級者になれるポイントをまとめます。
 
この記事を最後まで読んでいただければ、茶色のズボンに合ったコーデを気軽に着こなし、おしゃれになるはずです。
 
おすすめの配色と春夏秋冬のメンズコーデも記載したので、ぜひ参考にしてください。

 


 

 

茶色のメンズコーデをおしゃれにするポイント3点

茶色のズボンに合う服は

おしゃれにするポイント

  • 白のトップス
  • 黒の革靴
  • 基本はアースカラー・黒・白のコーデにする

 
の3点です。
 

白のトップス


 
白のトップスはおすすめです。
 
茶色のズボンだと、少しぼやけたファッションになってしまうので、白Tシャツを合わせるとコーデの色にメリハリを出てて、いい感じになります。
 
白Tシャツだと、茶色のズボンに黒か茶のベルトでタックインするのがおすすめです。
 
タックインのトレンドと脚長効果で一石二鳥です。
 
ジャケットなどのアウターに暗めの色でインナーは、白Tシャツにするとコーデ全体が重くなりすぎないので合わせるといい感じになります。
 

黒の革靴


 
黒の革靴はおすすめです。
 
足元にキレイめな要素を追加するとコーデが引き締まります。
 
夏には、レザーサンダルがおすすめです。
 
ズボンが茶で、靴が黒だとグラデーションカラーになるので、コーデが組み立てやすくもなります。
 
また、さし色で白の靴下にするとより茶色のズボンが引き立つのでおすすめです。
 

基本はアースカラー・黒・白のコーデにする

茶は、アースカラーと相性が良いので、基本はアースカラー・黒・白のコーデを組み立てるがおすすめです。
 
ベージュとの相性も良いで、白と合わせて使うのもありです。
 
黒+白+1色のコーデは、いろいろなコーデで応用ができるので、ぜひお試しください。
 
茶の濃さに合わせて、白と黒のバランスを整えてあげるだけで、ばっちりコーデがまとまります。
 
基本は、茶と黒の2色コーデで白はアクセントにするとまとまりやすいです。
 
白Tシャツは、茶と相性がよく、グレーを引き立ててくれるのでおすすめです。
 
また、アースカラーのジャケットやシャツもおすすめです。
 
秋には、ブラウンのセットアップと合わせると、より季節感が出せるのでおすすめです。
 


 

茶色ズボンに合うメンズコーデおすすめ5選

今回は茶色ズボンに合うメンズコーデから「おすすめの配色」と「春夏秋冬」のおすすめ5選を紹介します。
 

【おすすめの配色】ベージュ✕白✕茶✕黒


 
トップスを淡い色で、ボトムスを暗めの色でまとめた配色のおすすめコーデです。
 
白の靴下の差し色がいいアクセントになっています。
 
チェックシャツのカジュアル要素が強いので、靴をスニーカーにするとカジュアル過ぎてしまいます。
 
そこで、革靴のキレイめな要素を取り入れて、中和しているため、バランスが取れています。
 
今トレンドのタックインも使い、脚長効果もあるので誰にでもおすすめできるコーデとなっています。
 

【春】茶色シャツ✕ニットベスト✕スラックス


 
茶色シャツとニットベストコーデです。
 
茶色シャツシャツの茶色とベージュのベストの組み合わせは、相性が良くておすすめです。
 
ベストのおかげで、全体が暗くなりすぎずにいい色のバランスが取れています。
 
黒のスラックスと革靴で色を合わせているので脚長効果を発揮しています。
 
茶色のシャツはトレンドのくすみカラーで、今っぽさが出ていてオシャレさを増していておすすめです。
 
キレイめなコーデで誰にでもおすすめできます。
 

【夏】オープンカラーシャツ✕スキニーパンツ✕スニーカー


 
茶色シャツと黒白の3色コーデです。
 
全体は、3色で統一していて子供っぽさはなく、まとまっています。
 
白のTシャツがアクセントになっています。
 
白のTシャツがないと全体的に重すぎてコーデがぼやけてしまいます。
 
茶色シャツの半袖シャツは、なかなかないので被ることもなく、すぐに個性が出せるのでおすすめです。
 
差し色で靴下に茶色を持ってくるのも統一感が増すのでありかなと思います。
 

【秋】柄ニット✕革靴


 
ベージュの柄ニットと革靴のコーデです。
 
ノルディック柄のニットが主役のコーデです。
 
ノルディック柄がアクセントになっていて、柄を邪魔しないようにうまくコーデされているのでおしゃれです。
 
カジュアル要素の強い柄のニットを、黒の革靴とスラックスでうまく中和させている参考になるコーデとなっています。
 
このコーデにコートを足せば、冬でも着回せます。
 

【冬】ステンカラーコート✕マフラー✕黒スキニー


 
ブラウンのステンカラーコートが決めてのコーデです。
 
ブラウンのコートに合わせてトップスはベージュのスウェットで合わせています。
 
ワーントーンでまとめられていて統一感のあるおしゃれなコーデです。
 
黒のスキニーパンツとスニーカー、コートで脚長効果を発揮しています。
 
細身のパンツもいい感じです。
 
今トレンドのワイドパンツにしてしまうと、ロングコートもあって全体的にもっさりしてしまい、スタイルが悪く視えてしまいます。
 
色を使いにく冬のコーデでも、黒スキニーがあれば幅広い着こなしをすることでき、人と違ったコーデを組むことができます。
 
これをみるとブラウンのコートが着たくなりますね。
 

まとめ

茶色のズボンに合う服

  • 白のトップス
  • 黒の革靴
  • 基本はアースカラー・黒・白のコーデにする

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。
 
この記事では、茶色のズボンに合う服について紹介しました。
 
少しでも皆様の参考になれば幸いです。
 
茶色のズボンに合う服で悩んでいた方はぜひ、参考にしてみてください。
 
明日から茶色のズボンのメンズコーデを楽しみましょう!
 
また、他にもメンズコーデについて、こちらで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。
 

ダサくならないベルトを使ったタックインのメンズコーデの秘訣3選


 

パックTシャツとは?


 

大きい顔を小顔に見せる服装4選

-ブラウン, 初心者コーデ, 季節別コーデ
-,

Copyright© トゥースファッション , 2021 All Rights Reserved.