アイテム紹介 ボトムス

メンズ夏におすすめの開襟シャツ・オープンカラーシャツを徹底解説 ZOZOTOWN取り扱いアイテム多数

更新日:

こんにちは、こーすけです。昨日は先輩と飲みにってオールをしてしまったためブログ更新できませんでした。

 

すみません。気を取り直して今日から更新頑張っていきます。

 

さて、話は変わりまして、今回は夏におすすめの開襟シャツを紹介します。去年の夏から半袖シャツに代わり大流行している開襟シャツ。

 

アロハシャツと並んで現在メンズ夏ファッションに欠かせないアイテムとなっています。素材に徹底的にこだわりシルエットや着心地で勝負するアイテムや奇抜なデザインで着るだけで雰囲気を出せるアイテムまで徹底的に解説します。

 

開襟シャツってどんなシャツなの?

「開襟シャツ 」の画像検索結果

出典:https://baycrews.jp/news/detail/70399

今や夏のワードローブに欠かすことのできない開襟シャツ。別名オープンカラーシャツと呼びます。

 

普通のシャツに比べて襟が開いているため、さわやかな印象を与えてくれます。最近のビッグシルエットの流行に合わせて各ブランドからビックシルエットの開襟シャツが発売されているため、ゆったりと爽やかに着用することが可能です。

 

総柄のアイテムからシンプルな無地のアイテムまで各ブランドから様々な種類のアイテムが展開されています。その中から厳選しておすすめの開襟シャツを紹介します。

GOHEMP【ゴーヘンプ】

「OPEN MIND SHIRTS/MINI SUCKER STRIPE & MINI HERRINGBONE/オープンマインドシャツ 半袖開襟シャツ」の画像検索結果

出典:http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/29018437/?did=51579560

環境にやさしいファブリックで服作りを続けるゴーヘンプの開襟シャツ。備後地方にて織り上げられたヘンプコットン素材のミニサッカー、ミニヘリンボーン生地を使用しています。

 

ミニヘリンボーンは通気性が良くさらさらとした素材なので夏でも快適に着ることが出来ます。シルエットはやや細身ながら腕周りにゆとりを持たせることで肌と触れる面積を減らすことで快適性を高めています。

 

生地には環境にやさしいソルト&ビネガー染めを施しまるでデニムさながらのインディゴ染めの雰囲気を出しています。洗えば洗うほどに色落ちやあたりなどの経年変化を楽しむことが出来ます。

 

品名:オープンマインドシャツ 半袖開襟シャツ

定価 15,984円(税込)

ZOZOTOWN URL http://zozo.jp/shop/zozooutdoor/goods/29018437/?did=51579560

ROTAR【ローター】

「Bandanna Open collar shirt / バンダナ柄 / 開襟シャツ」の画像検索結果

出典:http://zozo.jp/shop/anchorbyrotarvivify/goods/15123180/?did=32259509

スケートボードやモーターサイクルなどにインスパイアを受け、他のブランドに見れない独自のデザインのアイテムを展開するモーターの長袖開襟シャツ。開襟シャツ着てみたいけど半袖シャツに抵抗がある人にもおすすめのアイテムです。

 

夏でも快適に着れるようにやや薄手の素材を生地に使用しているため、通気性が抜群です。デザインにはバンダナ総柄がブロック調に配されているためインパクト大です。シンプルになりがちな夏ファッションに良いアクセント加えます。

 

左胸のあたりにさりげなく入れられた刺繍が良いアクセントとなっています。初めローターのアイテムを購入する方にはブランドの雰囲気を知ることにぴったりのアイテムなのでおすすめです。

 

品名:Bandanna Open collar shirt

定価 18,360円(税込)

ZOZOTOWN URL http://zozo.jp/shop/anchorbyrotarvivify/goods/15123180/?did=32259509

TOMORROWLAND【トゥモロウランド】

「ニットコンビ オープンカラーショートスリーブシャツ」の画像検索結果

出典:http://zozo.jp/shop/tomorrowland/goods-sale/31429967/?did=55015223

人気セレクトショップ、トゥモロウランドオリジナルの開襟シャツ。素材にはニットとポリエステル混合素材を切り返して使用しています。前身頃下部にニット素材を使用している一風変わった開襟シャツ。

 

シルエットはややゆったり目のボックスシルエットなので合わせるボトムスを選びません。細身のパンツでメリハリのあるコーデを完成させても、ワイドパンツでゆったりとしたコーデを完成させてもおしゃれに決まります。

 

切り返しに加え、派手すぎないバイカラー使用のため幅広い年代の方の着用が可能。シンプルすぎない開襟シャツを探していた方に是非、おすすめのアイテムです。

 

品名:ニットコンビオープンカラーシャツ

定価 25,920円(税込)

ZOZOTOWN URL http://zozo.jp/shop/tomorrowland/goods-sale/31429967/?did=55015223

KAZUYUKI KUMAGAI【カズユキクマガ】

KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT(カズユキクマガイアタッチメント)の「【KAZUYUKI KUMAGAI】ハイカウントデシンオープンカラーシャツSH(シャツ/ブラウス)」|カーキ

出典:http://zozo.jp/shop/attachment/goods/31765937/?did=55575362

2008年スタートの日本のブランド、カズユキクマガイ。もともとは海外向けのブランドとしてスタートしましたが今では日本でも幅広く扱われています。シンプルながら質の良いアイテムが特徴のブランドです。

 

開襟シャツは高級素材であるキュプラを大胆に使用した光沢感とドレープ感が特徴のアイテムです。カジュアルなアイテムである開襟シャツにドレッシーなキュプラ素材を使うことでうまく中和を測れています。

 

シンプルな無地のアイテムだけに素材に徹底的にこだわったカズユキクマガイの開襟シャツ。カーキーのカラーも軍シャツっぽい着こなしが可能なので魅力です。質の良いシンプルな開襟シャツを探していた方におすすめのアイテムです。

 

品名:ハイカウントデシンオープンカラーシャツSH

定価 18,360円(税込)

ZOZOTOWN URL http://zozo.jp/shop/attachment/goods/31765937/?did=55575362

NUMBER (N)INE【ナンバーナイン】

NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)の「【NUMBER (N)INE】≪STUDIOUS限定≫別注ファインコットンオープンカラーシャツ(シャツ/ブラウス)」|ホワイト

出典:http://zozo.jp/shop/studiouslab/goods/21402059/?did=40862245

現在はTAKAHIRO MIYASHITA The Soloistとして活躍する宮下貴裕さんがもともとデザイナーを勤めていたことでも有名なナンバーナインの開襟シャツ。爽やかな開襟シャツにぴったりの白シャツです。

 

シルエットは肩の落ちたビッグシルエットなので着るだけで今っぽい雰囲気を醸し出すことが出来ます。衿裏側や第一ボタンタブの生地を光沢感ある素材に変えるなどシンプルになりすぎない様に随所に工夫を施しています。

 

着丈は通常の半そでシャツに比べてやや長めなので、スキニーと合わせてメリハリのスタイルを楽しんだり、スラックスと合わせてモード感ある着こなしまで楽しめます。シンプルすぎない白色の開襟シャツを探していた方におすすめのアイテムです。

 

品名:ファインコットンオープンカラーシャツ

定価 10,800円(税込)

ZOZOTOWN URL http://zozo.jp/shop/studiouslab/goods/21402059/?did=40862245

お気に入りの開襟シャツで夏を楽しもう!

ここまで記事を見ていただきありがとうございます。少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

今回はあえて人と被らないちょっと癖のある開襟シャツを選んでみました。個人的に人と被らないファッションというのは大事だと思っています。流行のアイテムである開襟シャツ一つとっても少し個性的なアイテムを選ぶだけで、量産型と言われることもなく流行りのアイテムを楽しむことが出来ます。

 

自分が着たい服を着ることがファッションの最大の魅力ですが、そこに少しでも個性を出すことが出来れば、より自分らしくファッションを楽しめ、周りの人にもいい印象をもってもらえます。

 

以上、ありがとうございました。

-アイテム紹介, ボトムス
-, , ,

Copyright© トゥースファッション , 2020 All Rights Reserved.