ベージュ 靴別コーデ

ベージュの靴を使ったメンズコーデ5選

投稿日:

この記事は、ベージュの靴を使ったメンズコーデについて「ベージュの靴のメンズコーデがダサくならないようにするポイント3点」から詳しく解説していきます。
 
ベージュの靴は、スニーカーだけで簡単に様になりますが、カジュアル要素も強いので、キレイめなアイテムで中和させないと一気に残念なコーデになってしまいがちです。
 
また、ベージュの靴は定番アイテムのため、流行り廃りがなくおすすめです。
 
ファッション初心者が簡単に中級者になれるポイントをまとめます。
 
この記事を最後まで読んでいただければ、ベージュの靴のコーデを気軽にできるようになるはずです。
 
おすすめのベージュの靴コーデ5選も記載したので、ぜひ参考にしてください。

 


 

 

ベージュの靴のメンズコーデがダサくならないようにするポイント3点

ベージュの靴のコーデがダサくならないようにするポイントは

ポイント

  • スニーカーとトップスの色を合わせてサンドする
  • キレイめなアイテムと組み合わせる
  • 首元と腰回りに差し色(レイヤード)を取り入れてみる

 
の3点です。
 

スニーカーとトップスの色を合わせてサンドする


 

スニーカーとトップスの色を合わせてサンドするのはおすすめです。
 

体の離れた場所で同じ色を使いサンドすることによって、より統一感が増しおしゃれになります。
 

また、レイヤードでさらにサンドする色を増やすのもありです。
 

いろいろなコーデで応用ができるので、ぜひお試しください。
 

ベージュやブラウンなどのあんまりメジャーではない色のスニーカーとトップスを合わせる人はそんなに多くなく、個性が出しやすくおしゃれになるのでおすすめです。
 

キレイめなアイテムと組み合わせる


 
スニーカーはカジュアル要素の強いアイテムです。
 
キレイめな色や小物でファッションを引き締める必要があります。
 
カジュアル要素だけだと、子供っぽくなってしまうので注意が必要です。
 
スニーカーをコーデに取り入れるときは、いつもより多めにキレイめアイテムを使うように心がけましょう。
 
基本的には、黒のアイテムで大人っぽく落ち着いた印象を追加した方が無難です。
 
黒のスキニーパンツがキレイめな要素とスタイルがよく視えるのでおすすめです。
 

首元と腰回りに差し色(レイヤード)を取り入れてみる


 
パーカーの首元と腰回りに差し色(レイヤード)を組み合わせるコーデもあります。
 
ロングタンクトップで腰回りに境界線をつけると、コーデにメリハリができおしゃれになります。
 
また、パーカーの下にワイシャツを着て、首元と腰回りに境界線をつけるコーデもあります。
 
ワイシャツのようなレイヤードの注意として、首元に収縮色の黒色などを使ってしまうと顔が大きく視えてしまいます。
 
首元のレイヤードには膨張色の白が良いですが、首元を強調しすぎると顔が大きくみえてしまうのでキレイめな要素が足りないときだけにした方が無難です。
 


 

おすすめのベージュの靴メンズコーデ5選

ベージュの靴のメンズコーデを5選紹介します。
 

ベージュのスウェット✕スキニーパンツ✕白ソックス


 
ベージュのスウェットとスキニーパンツのベージュコーデです。
 
白ワイシャツと靴下で差し色を入れているのが良いです。
 
ベージュで色をシンプルに整えながら、白のワイシャツがアクセントになっている良いコーデです。
 
また、ベージュのトップスとスニーカーで色をサンドすると視線が分散するのでおしゃれになります。
 
3色コーデは、簡単にできるので、ファッション初心者にも真似しやすくおすすめです。
 

茶色チェックシャツ✕黒スキニーパンツ✕スニーカー


 
ベージュの靴とスキニーパンツのコーデです。
 
パーカーをしたことがない人は先ずはパーカーと靴の色を合わせるコーデから始めることをおすすめします。
 
シャツとパーカー、靴の色をブラウンで合わせているので、色の統一感が増していてよりおしゃれです。
 
また、黒の色でコーデを引き締めているのもポイントです。
 
また、白のレイヤードもアクセントになっていて参考になります。
 
チェックシャツは、色味も合わせているため、個性が出ていておしゃれです。
 

ベージュパーカー✕スキニーパンツ✕ベージュスニーカー


 
ベージュパーカーとスキニーパンツのコーデです。
 
ベージュと黒の2色コーデです。
 
パーカーをしたことがない人は先ずはパーカーと靴の色を合わせるコーデから始めることをおすすめします。
 
パーカーとベルト、靴の色をベージュで合わせているので、色の統一感が増していてよりおしゃれです。
 
また、黒の色でコーデを引き締めているのもポイントです。
 
白の靴下もアクセントになっていて参考になります。
 
ベージュのスニーカーとトップスを合わせる人はそんなに多くなく個性が出しやすいのでおすすめです。
 

ベージュTシャツ✕白シャツ✕スキニーパンツ


 
ベージュTシャツとスキニーパンツのコーデです。
 
Tシャツとスニーカーの色をベージュで合わせているので、色の統一感が増していてよりおしゃれです。
 
ベージュのトップスとスニーカーを色でサンドすることで視線が分散し脚長効果もあるので、おすすめの色の使い方です。
 
ベージュと黒だけど重すぎるのを白シャツのレイヤードで緩和してくれているので、
とても参考になります。
 
また、小物でコーデをしっかりと引き締めているのもポイントです。
 

コーチジャケット✕チェックパンツ✕ボリュームスニーカー


コーチジャケットとチェックパンツを合わせたコーデです。
 
ベージュのコーチジャケットと茶色のパーカーの色の組み合わせは相性がいいのでおすすめです。
 
ベージュとブラウンのワーントーンコーデは、簡単に統一感を出せてオシャレになれます。
 
全体的にオーバーサイズでカジュアル要素が強いですが、ワーントーンにすることで統一感が勝り、オシャレ度がアップしています。
 
ベージューのコーチジャケットとスニーカーは、体の遠くの場所で色をサンドしているのも、ワーントーンコーデでは、まとまるのでおすすめです。
 

まとめ

ベージュの靴のコーデがダサくならないようにするポイント

  • スニーカーとトップスの色を合わせてサンドする
  • キレイめなアイテムと組み合わせる
  • 首元と腰回りに差し色(レイヤード)を取り入れてみる

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。
 
この記事では、「ベージュの靴のメンズコーデがダサくならないようにするポイント3点」から「おすすめのベージュの靴コーデ5選」について紹介しました。
 
少しでも皆様の参考になれば幸いです。
 
ベージュの靴のコーデで悩んでいた方はぜひ、参考にしてみてください。
 
明日からベージュの靴をファッションに取り入れて楽しみましょう!
 
また、パーカーについて、こちらで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。
 

パーカーとは?


 

-ベージュ, 靴別コーデ
-,

Copyright© トゥースファッション , 2021 All Rights Reserved.